注目の記事 PICK UP!

出っ歯と八重歯におすすめの歯科矯正は?

歯並びが綺麗な女性

出っ歯や八重歯は、愛嬌があるものの、やはり綺麗な歯並びは憧れますよね。そして、出っ歯や八重歯は矯正することができます。もし出っ歯や八重歯の矯正を考える場合、どのような矯正治療法があるのか、気になっていませんか?また、矯正治療の中でも、どれを選んでいいのか分からないことも多いですよね。

そこで今回は、出っ歯と八重歯の歯科矯正でおすすめのものをご紹介します。

そもそも出っ歯と八重歯は矯正できる?

出っ歯とは、正式には「上顎前突症(じょうがくぜんとつしょう)」と呼ばれるものです。

唇を閉じていても、完全に閉じることができず、前歯の一部が見える状態や、前歯がまっすぐ下方向に生えておらず、前方を向いて生えてしまっている状態、前歯が大きいなど、前歯が何らかの原因で目立つ状態などのことをいいます。

上顎前突症は、見た目の問題だけでなく、噛み合わせに問題が出ることから、矯正治療の対象となっています。特に、口が閉じられないことから口の中が乾燥し、歯周病リスクが高まることや、食べ物が前歯で噛み切りにくいことからしっかり噛む習慣がつかない、顎関節症のリスクがある、発音がしにくいなどの問題もあります。

一方、八重歯は上顎が小さいことから、すべての歯が綺麗におさまらず、飛び出してしまう結果起こるものです。飛び出す歯は「犬歯」「糸切り歯」とも呼ばれています。乳歯から永久歯に生え変わるときに起こるといわれています。

八重歯は、歯が飛び出していることから、どうしても歯磨きがしにくいことがあり、食べかすやプラークが残りやすくなります。結果的に虫歯や歯周病リスクが高まります。口が閉じにくい、噛み合わせに問題が出るなどの支障も起こってきます。

出っ歯と八重歯の矯正治療方法

出っ歯と八重歯は、どのようにして矯正するのでしょうか。その一般的な治療法をご紹介します。

出っ歯の矯正治療法

出っ歯を矯正治療する場合、一般的な矯正治療のうち、ポピュラーなワイヤー矯正という方法を用いることがあります。主に矯正するスペースがないため、歯を抜いたり削ったりすることもあります。ブラケットとワイヤーで一定期間固定し、出っ歯を正常な位置に動かしてしまいます。

また、適応が限られますが、歯に被せるだけのマウスピース矯正で行うこともあります。

その他、セラミック矯正という方法もあります。これは、状態にもよりますが、出っ歯を削りその削った部分に、セラミックの素材の歯を被せる方法です。

八重歯の矯正治療法

八重歯の矯正治療法は、その歯の状態によって大きく変わります。ワイヤー矯正を使用して、八重歯の奥の歯を抜歯して、その隙間に八重歯をブラケットとワイヤーで固定し、動かしていく方法があります。場合によっては、歯の裏側にブラケットをつけて矯正を行うこともあります。

適応が限られますが、マウスピース矯正という方法もあります。その場合、歯を削り歯を動かすスペースを確保することもあります。

八重歯の場合も、セラミック矯正が可能です。こちらも歯を削るのが前提です。

出っ歯と八重歯におすすめの矯正治療は?

歯科医師の診断や歯の状態にもよりますが、出っ歯と八重歯の矯正でどの歯科矯正を選択しても共通していえるのは、歯を抜くまたは歯を削る必要が出てくることが多々あることです。これは意外と知らない方が多いのも事実です。

その中で成人した時間のない大人の矯正として人気なものがセラミック矯正です。ワイヤー矯正やマウスピース矯正と比べてどのような特徴があるのかをみていきましょう。

セラミック矯正とは?

セラミック矯正は、歯並びをよくしたい歯の一部や、その隣の歯を削った後、セラミック製の歯を被せる治療法です。歯並びの状態によっては、抜歯することもあります。

セラミックとは陶器です。みなさんの普段使っているご飯のお茶碗と同じ材質です。見た目の白さを選べ透明感があるため、歯にそっくりな質感を出すことができるのが特徴です。また、黄ばみの心配もなく、汚れやプラークなども付きにくい特徴があります。

セラミック矯正と他の歯科矯正の比較

社会人になってからの出っ歯や八重歯の矯正治療で、セラミック矯正がおすすめの理由は、ワイヤー矯正やマウスピース矯正と比べて下記のようなメリットが挙げられます。

  • 他の歯科矯正では年単位の治療期間がかかるところを2ヶ月から半年程度で終わる。
  • 他の歯科矯正と比べ費用負担が減る
  • 歯の色を選択可能
  • ワイヤー矯正と比べ治療期間中の虫歯のリスクがない
  • マウスピース矯正と比べ歯並びの適応が広い

出っ歯と八重歯の歯科矯正のまとめ

出っ歯や八重歯は、見た目の印象を大きく左右します。

人前で歯を思いっきり出して笑えなかったり、いつも口元を手で隠す癖があったりと、コンプレックスとして感じている人も少なくないでしょう。

そのような出っ歯や八重歯が、短期間で矯正できるセラミック矯正は、忙しい社会人にとって便利な方法といえます。もしセラミック矯正を希望する場合には、対応できる歯科医師も少なく、歯科医院によって費用や期間が異なるため、カウンセリングに行き、信頼の置けるところで治療をするようにしましょう。

出っ歯八重歯も治せるセラミック矯正についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 審美歯科の教科書ロゴ

    上下顎前突(じょうかがくぜんとつ) | 歯並びの症例

  2. 左右非対称のかみ合わせ 2016/7/28

    左右非対称な噛み合わせ | 歯並びの症例

  3. 歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方

    歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方

  4. 空隙歯列(くうげきしれつ)-すきっ歯_20160701

    空隙歯列(くうげきしれつ) – すきっ歯 | 歯並びの症例

  5. 口元を隠す

    歯科矯正中に起こる口臭の原因と予防法について

  6. 歯科検診

    歯の定期健診に行かないと起きるリスク

  7. ワイヤー矯正

    歯列矯正中の痛み対策

  8. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  9. マウスピース矯正

    インビザラインがマウスピース矯正で人気な理由

特集記事

  1. 歯科検診
  2. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  3. ブライダル_外国人_女性
  4. 虫歯
  5. 歯の模型と人

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 空隙歯列(くうげきしれつ)-すきっ歯_20160701 空隙歯列(くうげきしれつ) – すきっ…
  2. セラミック歯 セラミック歯の材質について
  3. 銀歯 歯科医師が銀歯を入れない4つの理由
  4. キシリトールガム 南青山矯正歯科クリニック 虫歯予防・ダイエット効果!歯科医院専売のキシリトー…
  5. 井本(いもと)歯科医師
PAGE TOP