注目の記事 PICK UP!

入れ歯の痛みの原因と痛くない入れ歯の製作方法

入れ歯

入れ歯が痛くて、よく噛めない。食事が楽しくないなど現在の入れ歯に不満を持っている方は多いと思います。食事は体と心の基礎を作り、好きな食べ物をストレス無く食事することで生活の質が高まります。

そして、入れ歯の痛みには様々な原因があり、その原因を理解した上で治療方法を選択する必要があります。今回は入れ歯の痛みの主な原因と治療方法についてご紹介致します。

入れ歯の痛みの原因とは?

入れ歯の痛みには様々な原因があります。

入れ歯の形と口の中の形が合っていない時の痛みの原因とは?

入れ歯が大きすぎると入れ歯の縁が歯茎に強く当たったり、入れ歯の周囲の頬や舌の圧力に入れ歯が押され、入れ歯が浮き上がり動くことにより、歯茎が擦れ痛みが出ることがあります。また入れ歯が小さすぎると入れ歯を支える面積が小さくなることで咬む力に耐えられず、歯茎が強く押され、痛くなります。

また、お口の形に合っていない入れ歯を長期間使い続けていると、歯茎が痩せ入れ歯と歯茎の間に隙間ができ、入れ歯が沈み込むことにより痛みがでたり、食事のときに隙間に食べ物が挟まり痛みがでることがあります。

以上のことからお口の形にあった入れ歯を使うことがとても大切です。

口の形にあった入れ歯を作るには?

入れ歯を製作する際、まず簡単な型取りをさせて頂き、患者様のお口に合った患者様専用のトレーを製作し、精密な型取りを行っていきます。

また、型取りに使用する材料はシリコン印象材を使用します。シリコン印象材は細部までお口の中を再現でき、安定性に優れます。

このように患者様専用のトレーと精度の高い材料を使用し、精密な型取りを行うことで、患者様のお口の形にあった義歯が製作することができ、痛みのない入れ歯を装着することができます。

入れ歯の咬み合わせが合っていない時の痛みの原因とは?

入れ歯の咬み合わせが高すぎたり、低すぎたりした場合、食事の際に咬みにくく、また顔貌(見た目)にも問題がおこったり、顎関節にも症状(顎関節症など)が出てしまうことがあります。

また、入れ歯の咬み合わせの高さに問題が無くても、不均一な咬み合わせで、一部分だけが咬み合わせが強い場合、その部分だけ、咬む力が強く加わり、入れ歯が沈み込むため、歯茎が傷ついたり、圧迫され痛みが生じることがあります。

精密な咬み合わせを得るためには?

入れ歯の咬み合わせを決めるのはとても難しく、慎重に進める必要があります。

まず、今使用されている入れ歯についての問診、入れ歯への不満、希望をお聞きし、現在の咬み合わせを確認、診察、診断を行った後、患者様の咬み合わせに合った義歯を選択し、咬み合わせを決めていきます。

診断の際は、パノラマX線写真(顎全体を撮影するX線写真)を撮影し、残っている歯、骨の状態、顎関節の状態を確認し、診断をします。

また、咬み合わせを決める際は、違和感がないか、見た目に問題がないか話しにくくないか確認を行いながら咬み合わせを決めていき、入れ歯の装着後に細かい部分の咬み合わせを調整し、より患者様にあった咬み合わせを作っていきます。

主な痛みの原因はこの2つになりますが、この他にも入れ歯を支える歯茎が薄く、傷つきやすい、顎の骨が少ない、口腔乾燥症など、患者様の口腔内の状態に問題がある場合があります。その際も痛みのない入れ歯を作るためにしっかりとした診察、診断を行い、義歯を選択し、治療を行うことが大切になります。

入れ歯治療の流れ

入れ歯治療(製作)の流れについて解説いたします。

①口腔内、顎、顔面の診査、診断

残っている歯の状態、歯茎、骨の状態の診査します。

②簡単な型取り

お口の模型を製作し、精密な型取りをするための個人の口に合ったトレー(個人トレー)を製作します。また、模型上でも診査を行い、治療計画を立て、入れ歯の仮設計をします。

③精密な型取り

個人トレーを用いて、精密な型取りをします。

④咬み合わせ

顎の状態、咬みぐせ、顔貌など改めて診査を行い、患者様に合った咬み合わせを決めていきます。また、前歯の欠損を伴う場合はこのときに前歯の突出度、唇の膨らみ具合、前歯を並べる位置を決めます。

⑤ろう義歯試適

ここではまだ入れ歯はまだ完成ではなく、ろう義歯といって、蝋の上に人工の歯が並んだ義歯で、咬み合わせがズレていたり、見た目に納得いかなければ、歯を並べ替えることが可能です。

ろう義歯試適時は前回決めた咬み合わせに違和感がないか、歯並び、唇の膨らみ、見た目に問題がないか、患者様と一緒に確認し、ここで問題がなければ、ろう義歯を技工士が蝋の部分をプラスチックに置き換え、義歯を完成させます。

⑥新義歯(新しい入れ歯)の完成

⑦入れ歯の調整

入れ歯はいくら精密な治療を行っていても、口腔内で最終調整が必要になります。

そのため、装着時は咬み合わせが均等に当たるよう調整し、強く歯茎に当たる部位があれば、均一に圧が加わるよう調整します。

それでも、新しい入れ歯を装着した直後は、今までお使いになっていた入れ歯の形に口の中はなっているため、最初から硬いものを食べてしますと口の中の歯茎や粘膜がびっくりして傷を作ってしますことがあります。使い始めは,軟らかいものから試していき、徐々に新しい入れ歯に慣れて行きましょう。

また、万が一傷ができてしまった場合は無理に新しい入れ歯を使わず、入れ歯の調整を担当医に行ってもらいましょう。

⑧定期検診

新しい入れ歯を装着した後、痛くなくても必ず、一度は口腔内をチェックしてもらいましょう。ご自身では気がつかないところに傷ができていたり、初めて入れたときよりも咬む力が増して、咬み合わせの調整が必要なときもあります。

また、入れ歯は痛くなければ、調整の必要がないと思われている方が多いのですが、それは大きな間違いです。入れ歯は人工物なので、使っているうちに人工の歯の部分がすり減っていきます。そのため、知らないうちに咬み合わせがズレてしまうことがあります。

そのままお口に合っていない入れ歯を使い続けると入れ歯を支える金具がかかっている歯に強い力が加わり、歯が傷ついたり、弱くなってしまったり、歯茎や骨が吸収されてしまうことがあります。そのため、痛みがなくても定期検診が必要になります。

入れ歯の痛みの原因と痛くない入れ歯の製作方法まとめ

今回、入れ歯の痛みの原因と治療方法についてお話ししましたが、このように痛みの原因にも様々な原因があるため、しっかりした診査、診断を行い、それに伴う丁寧な治療を行うことで痛みのない入れ歯を装着することができます。現在、入れ歯の痛みにお困りの方は、まず歯医者を受診し、現在の入れ歯はお口に合っているのか診てもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 失った歯

    もし歯を失ったら、あなたはどうしますか?

  2. エステティックデンチャーの画像

    エステティックデンチャーとは

  3. 歯の健診の画像

    歯を失った時の再建方法とは

  4. 困った顔の女性の画像

    歯を1本失った時に起きるリスクとその治療法

  5. 歯を失った状態

    歯を失った時に受けるべき治療方法とは

特集記事

  1. ボロボロな歯
  2. 歯科ユニット
  3. 審美歯科の教科書ロゴ
  4. 歯列矯正の基礎知識と矯正歯科の選び方
  5. 歯並びがきれいな女性の画像

記事一覧

PAGE TOP