注目の記事 PICK UP!

オールセラミックとは?

オールセラミック

日頃の歯磨きを怠ってしまい、虫歯になってしまった。虫歯治療を受けたものの、歯を大きく削る事態になってしまった。このようなことがあると、どうしても落ち込んでしまいがちです。さらに、削ったところが全部銀歯になると思うと、ショックですよね。

でも、今では、必ずしも削った歯に埋めるのは銀歯である必要はないのです。まるで自分の自然な歯のように白く透明感のある美しい歯で治療を終える方法あります。

その美しい歯を保つ治療に使われる素材であるオールセラミックについてご紹介します。

オールセラミックとは?

今、歯科治療を受けた人の間でオールセラミックが話題になっています。オールセラミックとは、例えば虫歯などで歯を削った後、欠損した部分の歯を埋めるための詰め物や被せ物すべてをセラミック素材のものを使用するという意味です。

場合によっては、セラミック100%の材質のものをそう呼ぶこともありますが、今回はすべての詰め物と被せ物をセラミックにするという意味合いでオールセラミックという言葉を使います。

セラミックとは、「陶材」のことです。つまり、お茶碗などに使われている陶器と同じ材質です。これまで、詰め物といえば「銀歯」が主流でした。メタルインレーと呼ばれますが、この銀歯は見た目が目立つこともあり、口の中全体を暗くしてしまいます。

また、金属アレルギーの心配もあり、他の材質が使われるようになりました。その中でも人気なのが、セラミックなのです。

オールセラミックが実現する具体的な治療

オールセラミックが使われる歯科治療にはどのようなものがあるのでしょうか?

小さな欠損を補うセラミックインレー

セラミックインレーの症例写真

セラミックの詰め物ことをセラミックインレーといいます。これは、虫歯の治療で歯を一部分、削った際に、その削った部分に詰める用途などに使用します。銀歯のように変色もなく、強度もあるため奥歯によく使われます。また透明感が高く審美性が高いのも特徴です。

大きな欠損を補うセラミックアンレー

セラミックアンレー

セラミックアンレーは、オールセラミックで大きな欠損部分を補う治療です。

差し歯や歯の被せ物のセラミッククラウン

セラミッククラウン

被せ物や差し歯などにもオールセラミックを使用することもあります。その場合には、セラミッククラウンなどと呼ばれます。特に前歯など審美的に重要な部分に使われることが多いです。

歯の付け爪「ラミネートベニア」

ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯の表面を削り、削った部分にオールセラミックを貼り付ける治療法です。ホワイトニングで歯が白くならない方やすきっ歯、軽度の矯正の場合に向いている治療です。

欠損歯を補うセラミックブリッジ

セラミックブリッジ

セラミックブリッジは、欠損歯の両側の歯と歯を削り土台として、オールセラミックを被せて欠損歯を補う方法です。

オールセラミックのメリット

では、歯をオールセラミックにする場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

白く透き通る歯で自然にすることができる

歯の治療後も、従来の歯と変わらない白く透き通る健康的な歯に見せることができます。

従来使用されてきた銀歯は、笑ったときや人と近くで会話したときなどは、奥歯に見える銀色のものが気になることがありました。やはり審美性に欠けるものがあります。その点、セラミックは陶器のような白く美しいなめらかな歯を実現してくれます。オールセラミックであれば美しく整います。

虫歯になりにくい

詰め物をすると、その隙間から虫歯菌や歯垢が入り込みやすく、さらに虫歯になりやすいという話を聞いたことはありませんか?その点、オールセラミックはしっかりと歯に接着剤でつけますし、歯にフィットするため、隙間があきません。安定的に詰めることができるため、虫歯リスクが減ります。

オールセラミックのデメリット

一方で、オールセラミックにはデメリットもあります。

保険診療外のため、費用負担が大きくなる

セラミックは保険が適用されません。銀歯やプラスチックは保険診療内ですが、セラミックは異なるのです。よって、自己負担が大きくなることはあるでしょう。

セラミックは割れやすい性質を持つ

セラミックの素材は、陶器をイメージすれば分かる通り、割れやすいところがあります。もちろん、ちょっとした刺激では割れることはありません。しかし、極端に強い歯ぎしりの癖があると、割れることもあります。これは、自分の実際の歯よりも硬いことも理由といわれています。

歯を普通よりも多く削ることもある

オールセラミックの場合、歯をいつもよりも多く削ることがあります。これもデメリットといえるかもしれません。

よくあるオールセラミックの治療

では、オールセラミックは実際、どのような治療で行われるのでしょうか。

例えば、虫歯の治療後に詰めた銀歯が取れてしまい、歯科医院でつけ直してもらおうとしたところ、銀歯の下が虫歯になっていたというケースがあります。

詰め物をしたところに虫歯が生じるケースはとても多いです。この場合、まずは虫歯を治療し、歯を削った後にセラミックを施すことになります。

前歯を少し削り、その表面に薄いセラミックを貼り付けるという治療方法もあります。これをラミネートベニアと呼びます。これは、歯の表面がでこぼこしていたり、変色していたり、歯の一部が欠けてしまったりといったときに行われます。

さらに、ラミネートベニアより前歯を削る必要がありますが、削った歯の上からオールセラミッククラウンを被せるという方法もあります。

オールセラミックが向いている人はどんな人?

オールセラミックは、見た目を重視している方、自然な歯を長きに渡ってキープしたい方、金属アレルギーの方がおすすめでしょう。オールセラミックは銀歯などの金属と比べて、身体にアレルギーがなく、今では費用は高いけど、身体のことを考えオールセラミックを選択される方が多いです。

オールセラミックのまとめ

オールセラミックは、歯を削っても、失われても、白く透き通る自然な歯をキープできる方法です。銀歯はちょっと…と思っている人は、セラミックを選んでみるのも一つの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インレー_ビフォーアフター

    インレーとは?コンポジットレジンとは?

  2. 外国人_ビューティー_笑顔

    理想的な歯並びとは

  3. 笑顔の女性

    歯科矯正における審美歯科医師の技術力を見極める症例写真の見方とは

  4. セラミッククラウン

    セラミッククラウン(差し歯、セラミック歯)とは

  5. 外国人_女性_20160523

    セラミック矯正治療で何ができる?

  6. ホワイトニング_ビフォーアフター

    歯のホワイトニングとは

  7. 歯科医師_日本人_女性_20160523

    セラミック矯正治療時の痛みのケアについて

  8. セラミック歯

    セラミック歯の材質について

  9. 自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

    自分自身で白い歯を維持することができるホームホワイトニングとは?

特集記事

  1. 親知らず
  2. 小児_ワイヤー矯正
  3. 虫歯
  4. 歯並びが綺麗な女性
  5. ボロボロな歯

記事一覧

PAGE TOP