注目の記事 PICK UP!

セラミックインレーと銀歯の違い

比較

笑うと銀歯が見えるのは、ちょっと恥ずかしいですよね。昔はよくあったことですが、今では歯科の治療も進んでおり、銀歯が光る歯を見せるのはちょっとためらわれます。

近頃では、歯を削ったり失ったりした後を埋めるものに、銀歯以外で白い普通の歯と見た目がそっくりの詰め物も使われています。その中でも、今回は「セラミックインレー」についてご紹介します。

インレーとは歯の詰め物のこと

セラミックインレー

セラミックインレーという言葉は、インターネットや新聞、広告などで一度くらいは見かけたことがあるかもしれません。このセラミックインレーは、歯科治療において、詰めものとして、銀歯の代わりに使用されるものです。

インレーとは、歯科用語の一つで、一般的には「詰め物」と呼ばれます。詰め物は、虫歯治療などを行った歯の欠損した部分に詰めて補てんするものです。この詰め物の歯にはさまざまな材質があります。例えば、銀などの金属、プラスチック、セラミックなどがあります。

それぞれ、材質によって特徴が異なります。また、保険が適用されるかどうかも、材質によって変わってきます。このインレーの中でも、セラミックインレーは、耐久性があり色や材質ともに自分の歯に近い、自然な仕上がりになるといわれている詰め物です。

銀歯は審美性に欠ける

銀歯

従来は、歯の詰め物といえば銀歯でした。歯科用語ではメタルインレーと呼ばれます。銀歯の材質は金属です。金属なので非常に固く、欠損しにくいという強度のメリットがあります。しかし、金属なので、金属アレルギーがある場合にデメリットになってしまいます。また、何より審美性に欠ける、つまり、見た目が悪いというのが銀歯の大きなデメリットでした。

こうしたことから、セラミックやプラスチックなどの見た目の美しい、歯の自然な色合いと似ている、あたかも「詰め物をしていない」かのうように見せることのできる、材質の歯に注目が集まっています。

中でもセラミックインレーは、セラミックという陶材が使われている詰め物です。陶器をイメージすればわかる通り、白く透明感があり、まるで本物の歯のように見えます。そして、セラミックインレーは、銀歯と比べた場合に審美性が高い上に、金属アレルギーの心配もないのが大きな特徴です。

セラミックインレーのメリット

ではセラミックインレーのメリットをもう少し詳しく見ていきましょう。

自然な歯をキープできる

セラミックインレーなら、自然な形で白い歯の見た目をキープすることができます。特にセラミックは白く透明感が高いため、他の歯と並んでも違和感がありません。

歯にフィットするため虫歯になりにくい

セラミックインレーは、歯にフィットしてしっかりと接着するため、隙間から食べかすや歯垢が溜まりにくいのが特徴です。つまり、虫歯になりにくいというメリットがあるのです。

変色することがない

セラミックの材質は、変色の恐れがありません。よってずっと白い歯を保つことができます。金属の場合、黒ずむ場合があります。

セラミックインレーのデメリット

セラミックインレーにも欠点があります。そのデメリットをみていきましょう。

割れる恐れがある

セラミックは陶材を使用しているため、強い力によって割れる可能性があります。ただし、セラミックにも種類があり、強度の高いジルコニアセラミックというものも存在します。歯ぎしりが強い、歯を強くかみしめる癖があるなどの場合には、強度の強い材質を選ぶことで回避できるでしょう。

保険適用外である

セラミックインレーは、保険診療で受けることができません。保険が適用される詰め物は、銀歯つまりメタルインレーやコンポジットレジンといわれるプラスチックになります。

その点、自費診療になるセラミックインレーは、見た目は美しくなるものの、治療費が高くなります。

セラミックインレーが必要なケース

では、このセラミックインレーは、どのようにな時に使われるのでしょうか?

例えば、通常の虫歯治療では、虫歯がある部分を削ることがあります。歯を削ると、削った部分を補うために詰め物をする必要があります。

また、すでに銀歯が入っていて、審美面や金属による黒ずみを解消したい場合は、銀歯を取ってセラミックインレーを代わりに詰めるという治療も行われています。

銀歯がポロっと取れてしまった場合も、代わりに審美性の高いセラミックインレーを詰めるということもあるようです。

セラミックインレーの費用相場は?

治療費

では、セラミックインレーを詰める場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

まず、セラミックインレーは自費診療であるため、歯科医院によって費用が大きく異なることを知っておきましょう。その上で、あえて費用相場をいうと、1本3万円~5万円ほどとなります。虫歯治療も同時に行う場合には、その費用も保険診療内で加算されます。自費治療専門の歯科医院の場合は虫歯治療も保険外での治療になるので注意が必要です。

セラミックインレーのまとめ

このように、歯の詰め物にはさまざまな種類がある中で、銀歯と比べて自然な歯に見えるセラミックインレーは、目立たず、歯と同等に綺麗に見えるというメリットがあります。

保険診療外ではありますが、見た目の印象をキープのためにも、検討してみてはいかがでしょうか。

虫歯治療後にセラミックインレーをする前に確認することはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. インレー_ビフォーアフター

    インレーとは?コンポジットレジンとは?

  2. 銀歯

    歯科医師が銀歯を入れない4つの理由

  3. セラミックインレーの画像

    セラミックインレーによる歯の詰め物治療について

  4. オールセラミック

    オールセラミックとは?

特集記事

  1. 口元を隠す
  2. セラミック歯
  3. 歯科ユニット
  4. セラミックの差し歯
  5. マウスピース矯正中の画像

記事一覧

人気記事ランキング

  1. 歯並び
  2. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  3. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
  4. 親知らず
  5. 歯科矯正治療は医療費控除が受けられるの?
  6. ホワイトコート(歯のマニキュア)とは?
  7. 歯のブリッジ治療
  8. セルフホワイトニングの効果と歯科医院のホワイトニングとの
  9. 入れ歯の種類とメンテナンス方法

当サイトおすすめの記事

  1. 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは? 周囲にバレづらい大人の歯科矯正とは?
  2. 過蓋咬合(かがいこうごう) 過蓋咬合(かがいこうごう) | 歯並びの症例
  3. キシリトールガム 南青山矯正歯科クリニック 虫歯予防・ダイエット効果!歯科医院専売のキシリトー…
  4. 歯並び 大人の歯列矯正について
  5. 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決 歯科矯正治療の医療費控除の疑問を解決
PAGE TOP